HOME>トピックス>ゲーム業界で働く方法

専門学校でも必要な知識を学べる

ゲームが大好きで仕事でも関わっていきたいのであれば、ゲームプログラマーになるのがおすすめです。ゲームを作る側の仕事のことで、こんなものを作ってみたいとか、自分ならもっと面白くできるといった夢を叶えることができます。ゲームプログラマーになるには、特に資格は必要ではありません。ただしそれなりの知識やスキルを求められる職場であるため、ある程度習得した上で求人に応募するのが良いでしょう。技術の習得は、独学でも可能です。実際、学生の頃から自分でゲームを作るなどして実績を積み、ソフトウェア会社に採用された人もたくさんいます。経験のない人には、ゲーム関連の専門学校で学んでから就職するというコースもおすすめです。

開発したタイトルが売れれば収入増

この仕事の良い点は、趣味や実益を活かしながら楽しく働けることです。自分のアイデアを作品に反映させることもできるため満足度も高く、ゲームプログラマーになるにはと考えている人にとって夢のような職場といえます。ヒット作を作ることができれば、収入面でも不安はありません。

専用のソフトウェアがあると便利

費用は、独学であればパソコンや関連書籍を揃えれば良いのでそれほど高くはありません。ただしゲームプログラマーになるには、専用のソフトウェアも必要です。高いものになると10万円程度かかりますが、専門学校であれば自分で用意しなくても利用できます。

広告募集中